荷内思考開発所

ありがちなことばでありがちなことものを考えてみる

社会はしょせん人が動かしている。

 インターネットを見ていて思うことがある。
「声を上げよう」「社会を変えるように声を上げよう」と、様々な虐げられている分野の人が声高らかに意見をいうようになった。意見というよりは、「現状のここが気に食わない、不備と感じるから改善して欲しい」という要求が多いように見える。もちろんただの観測範囲の偏りのせいかもしれない。

 そしてそれを見るたびに、どういうふうに誰に動いてもらって、そして、誰の権利を少々抑制してもらいつつ均衡に利益を享受できるように「改善」したいのか、その社会像の提案があることは少ないように見えるなあと思う。

 前提として、社会というのはしょせん人が動かしているというのを忘れてはいやしまいか。

 

 神様に不満を述べたら神様が「そうか、わかった」と社会のバランス調整をしてくれるわけではないのだけれど、あまりそういうふうに認識していないんじゃないかと思える。自分の直感的な見方によると、たとえばその社会への訴えかけの結果、誰かの抑圧が一気に解消し、解消を通り越して圧倒的に有益な環境が訪れたとしたら、それの改善のために動いてくれた誰かがいるはずで、そういったどこかの誰かがかわりに縁の下の力持ちになって、彼らにしわ寄せが行くだけなんじゃないかという気がしている。ここでの「動く」は、尽力して、協力して、という意味で使ったけれども、それだけじゃなくて、実際にパワーバランスが変化して、少々その中で立場や位置を「動いて」席を譲ってくれた誰かがいるんじゃないかという意味でも使えるかもしれない。日本語としてはむりくりだけれど。

 もちろん、自分たちを神様のように強靭な存在に見せかけたり、神様ごっこが好きな大人もいる。国や行政、あるいは通信流通金融……というように社会の基盤となるシステムを管理する側とか。

 そこで、この記事を書き始めたときは、「そうはいっても本当の神様はいないのだから、市井の人々の声を上げるのは、相手にしわ寄せが行くだけの行為なんじゃないか」と思っていたのだけれど、「神様ごっこ」をすることを楽しみ、それを自己のアイデンティテイの基盤にする人たちが一杯いる中で、それがちゃんと国や行政…その他、大型組織として、「塵一つない完璧な状態」ではないにせよ、まともに「神様のようなもの」として機能して回っているのなら、それはそれでいいのかもしれない、と思った。記事を書いている今のリアルタイムの思いつきとして。

 

 つまり、
 神様になりたがろうとしてそう振舞っている人たちと、
 神様というものを信じようとしてそこに神頼みをしようとしている人たちの、
 持ちつ持たれつの構造があるのかもしれないと思ったのだ。

 結論は、まだない。

火星の大地の写真をデスクトップ背景にしたらQOLが上がった。

NASAが公開している、無人探査機が火星上で撮った火星の大地の写真をデスクトップの壁紙にしているんですけど、

 

psiupuxa.com

超~~~~~~~~~~いいっすね!

この写真の土地は実在して、でも、文字通りの「前人未到」ってところに大変……なんというか、ロマンを感じます。ワクワクしますね。

 

あと、地上の人間同士のささいなことによる諍いとか、

ほんと、

どーーーーーーっでもいいな!という気になりますね。

 

誰もいったことのない地球以外の空の向こうには確かにこんな土地があって、大地があって、ちけいがあって、世界があって、

そして、人類が作ったローバーの足跡がしっかり痕跡として残されていて、そして、機械の目を通してその世界を観れて、そして、ただ一部の人が情報を握るだけではなくそれが全世界どこからでも誰でもアクセスして「想像」することができる。

 

さいっこう!だなと思います。

 

Let`s ENJOY the space-manship life !!!

人類が何者なのか、判ってしまった。

3日前ぐらい。

どうして人間は「こう」なのか。諍い解り得ないのか、分かり合うには他者の尊厳を侵害や制限をせねばならず、どうしてかくも集団としてこう、「よくできていて」「不自由なのか」ということを発端として考えこんでいたら、その結果として、「人類は何か」ということ、「他の動物とどうちがって、なぜ自分たちは神の御子であるかのように、(そんなことはないのに)無条件で思い込み、振舞うのか」とか、そういった類のその他のこととか、どうしてそうなのか、「その根拠は何か」ということの、それらしい根源と理由について、納得がいく形で気がついてしまった。

続きを読む

オーディオブック

アマゾンを経由してオーディブルというものを試してみました。

書籍の内容を朗読してくれるアプリというものですが、これはすごく革命的だなと感じました。
画像制作系の作業をしながら、耳では同時に書籍の内容をインプットできるのです。

たったそれだけなのですが、これはすごいなあと思って少しメモ書きをしてみた次第になりました。

善意で敷き詰められた真綿のような世界

インターネットの片隅に投稿された誰かの匿名の投稿。

そこに羅列される善意のアドバイス、善意のコメントにクラクラした。

「あなたはこうやったらふつうになれるんだよ」
「社会人とはこういうものだ」
「そういうことは言っちゃいけない」

 

そういう感情は「いだいちゃ」いけない。

 

というまっとうらしいアドバイス

 

かれらの言うことに従えばこうだ。

諦めること、自分の中でけりをつけることはいいこと、いいことなんだ。


しかし、僕自身はそういう大人になりきれないまま、しかしながら、ある程度歳を重ねてしまったから僕は知っている。

バズったツイートやインターネットまとめ掲示板に書き込んでる暇人の親切な善意の台詞に、真実はない。

 

諦めようとして諦めそびれた、自分に見切りをつけきれなかった肥大した自尊心の人たちがどうなったかといえば、周りを見る限り、だいたいなるようになっているのだけれど。

あまりにも多くの人が常識からの脱落を怖れてどんどん脱落していくから、気付いたら諦めが悪い人が残っている。席は大分空いてきた。

 

そういうものは見えないし、皆わざわざ言わないから、手軽に手に入るのは親切な善意からの「君には無理だ諦めろ」という声。そしてギアをでチューンして少し社会と折り合いが良くなるや否や「よくやった大人になったね。成長したね」と手のひらをくるっとかえし褒める声。

 

その繰り返し。

 

 

早い段階で諦めてしまった大半の人からは、諦めが悪い人間にとっての到達した世界を覗き見ることが出来ない。

馬って自由な乗り物なんだなあ

西部劇の映画を見ていて、馬が未舗装道路もなんのその、はだか山を縦横無尽に駆け回る映像を見ていて少し知見を改めた。

 

そうか、車が行けないところでも、馬は自在に行くことができるのだ。

 

もしかしたら、車輌が道路を行きかう現在よりも、馬にのってそこかしこを走り回れた150年前の人間社会のほうが、あるいみ個々の人間が自由に行動できる範囲自体は広かったのかもしれない。

自殺について。

たしか8年前のことだったと思う。

ある漫画家さんが31歳で自殺したと報道された。

その漫画家さんの公開ミニブログを覗いたところ、当時ミニブログはそのままに残されていた。今はどうなっているかは知らない。

特に当時の自分には
「自分は怒りを原動力にして作品を書くタイプではない」
「真綿で首を絞められる思いがする」
という言葉が印象に残った。

 

自分はその漫画家さんと面識があったわけではない。もちろんやり取りもしたことがない。どちらかといえば当時の自分にとっては「雲の上の人」だった。

その人がデビューしたのはとある雑誌の新人賞だった。その新人賞の初回の受賞者だった。
自分はそれよりずっと後の新人賞に応募してたか担当がついてたかぐらいのただの新人作家だった。

その作家さんの作風、画面、その雑誌の方向性やカラー。キャラクターの表情、テーマ、表現方法。そういったものに、当時の自分は好感を持ち、親近感を持っていた。共感していた。とはいっても、いくつもある自分の作風や感受性の一部の話であって、そちらだけが僕のすべての方向性というわけではなかったのだけれども…、まあそのこと自体はこの記事の話題ではないのでどうでもいい。

ともかく、当時の自分は、「このままの作風、この雑誌での成功の向こうには、《自殺》があるかもしれない」という現実を学んだ。

それは驚きだった。

それは、売れて誰でも知る国民的作家というほどまで売れていないことに絶望したからなのか?とも表面的な邪推をしたこともあったが、例えば自分だったら、と、「好きな作品を書き続けて生きられればそれで幸せじゃないか」と、無邪気な足りない頭で思った。
結局、当時の、人生経験の足りなく人に対する感情も想像力も欠如していた僕には、彼がいったい何を絶望したのかはわからなかった。

 

当時の僕にとっての「成功=自分の作家性を打ち出して、専業作家になること」の向こうにある、《真綿で首を絞められる思い》というものが、どういうものなのか想像がつかなかった。想像はつかなかったが、「そういうことがある」ということを学んだ。

 

多分彼の「自殺」という報道は、今の僕を形成する役に立ったのだと思う。ある種の礎になった。指針になった。もちろん、その割合は決して大きいものではないが、その中の一つになったことは事実だろう。


《職業漫画家という肩書きを得た後の真綿で首を絞められる思いの末の自殺》

そのカッコ《》の中の概念を習得したのは非常に僕にとっては衝撃的で有益なことだった。

成功してもそのようなことになる可能性があるのだ。
当時の自分の夢見る将来の《成功》の後にも、そういった《自殺》ということが選択肢としてありうるとぼんやりと考え、それによって、それを予防するという発想を得るに至った。

 

いつしか、報道から若いアーティストの自殺という文字が消えたように感じる。

 

それはいいことなのか。わからない。