読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荷内思考開発所

ありがちなことばでありがちなことものを考えてみる

露呈したときの弱さは罪か?

よく、お金が絡むと人が変わるとか、

酒を飲むと(悪い意味で)人が変わる等いうけれど、

それって、弱さが露呈することをいうんだと思う。

 

そして、その弱きを露出した状態で、その人が、周りの人にやつあたりして傷をつけたり、逆に周りに寄りかかりすぎて負担になりすぎたり、あるいは組織の上の立場にいるはずなのに無責任な行動をとったりすることは、ほんとうに、罪なのか。

それは確かに迷惑だったり、周りからしたら「悪い」行動であるのは明白だけれど、それは、自覚的に行う「悪さ」と同質の・あるいは同程度の「罪」なのか。

 

罪というのは何か。

僕は善悪というものがいまいちよくわかっていなかった。

実のところ、今でもよく理解しているかといえば、ちょっとこころもとない。

 

人格障害は、人格形成期に、うまく周りと強調してやっていく術を学べなかった人たちだし、

サイコパスは、一般に良心が欠落しているというけれど、ほかの大多数の人の気持ちがわからないというだけで、(あるいは、わかったうえで無視していいと認識しているだけで)それ自体では善でも悪でもない。意図的な他害的な行動を起こさない限りは。