読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荷内思考開発所

ありがちなことばでありがちなことものを考えてみる

どうも僕は美少女だけが出てきて男くさい話を展開する萌え作品にあまりいい印象を持っていないらしい

最近気付いたのだが、僕は、思っていたより美少女萌え漫画・アニメなどに好印象を抱いていないらしい。

絵柄等、ビジュアル的な側面には抵抗はない。

ただ、最近の「美少女萌え」作品に見られる、

「普通の女の子が興味のなさそうなことを題材とした、美少女だけが出てくる作品」

にものすごく違和感があるのだ。

 

つまり、男の性格をした美少女のみで構成されている世界が、

平然と提示されていることに、違和感がぬぐいきれない、といったほうがよいかもしれない。

 

彼女らは性自認は女だが、思考回路や話し方・興味の持ち方が男のそれなのである。

現実にそういう女性は居ないことはないが、もしかしたらセクシャルマイノリティーより出現率が低いぐらいのマイノリティーである。

そして、通常そういう人は、自分がマイノリティーであることを自覚しており、普通の女の子の輪に入るときにはコミニュケーションの形を変える印象がある。

もしこういうマイノリティーなタイプだけが集合した美少女の輪だったら、(普段話せない話なだけに)「話が合う」だけで、意気投合するような気がするのだ。

それに比べて、美少女作品中の美少女はあまりにもナチュラルだ。

 

むろん、女らしくない趣味に嬉々としてうちこむ普通の少女集団も居る。

しかし、僕の観測した範囲によると、彼女らは、そういった「一般の女性らしくない趣味(ゲームや、闘争的なスポーツなど)」にうちこむ場合、

「私たちって女なのに女っぽくないよね!」と確認しあう作業をするのだ。

そして、「男っぽくてかっこいい女な自分たち」という意識を共有しつつ、それ以外では「女に戻る」ようである。

 

この辺りの描写をしてある萌え系美少女作品なら、僕の違和感は減るかもしれないが、実際この辺りの「リアルな描写」は別にファンタジーの世界で多くの視聴者が求めているものとはかけ離れているだろうと思う。

 

彼らが「美少女」に求めているものは「内面=男性であり」、本当の「美少女の気持ち」になど興味はないのだ。そのことを自覚しないように眼をそらす製作者・視聴者の両方にあまりいい印象は抱けない。

 

同じことは女性向けといわれる男キャラだけが出てくる作品の中にもいえると思う。

彼女たちが求めるのは「男」の外見を纏った「内面=女性」である。僕はそちらにも違和感はある。

 

つまり、どちらも自分の考え方・感じ方と異質な考え方をする他者が存在すること、を認めない視点だからだと思う。

 

作中に自分と同性以外の考え方のキャラが出てこないのがいけないのではない。

自分と同性性格のキャラに異性の殻・設定を与えた上、(ここまでは構わない)、それを、作者・視聴者、がともに「実際の異性!」と同様に認識していることに違和感がある。

 

それは違うのだ、と男性向け/女性向け ともに思うが、それをイデアだと認識している人たち自体に違和感があるのかもしれない。

 

逆に、宝塚などは、違和感がないというか、清清しい。