読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荷内思考開発所

ありがちなことばでありがちなことものを考えてみる

どうしようもない倦怠感に焦がれ

僕はちょっと人とずれている。

どうしても素直にこういうのは記述できないのだが、それだからこそ嘘つきなのだろうなあ。嘘つきは小説の始まり。

 

多分需要はどこかにあるし、どこかしらこういう要素をはらんだ読みものが求められている、というのはわかる。

だが僕はそれを描く勇気がない。晒す勇気がない。

ただただ人生はこれほど倦怠で、日々過ぎゆく毎日が絶望である。

 

この感覚は僕世代特有のものなのか、僕だけのものなのか、いや多分どちらでもあると思う。

 

多分、外へ出て、決められた規律の中でそれなりに動いていくのは充実していると感じられると思う。それはわかっている。しかし僕は絶望感と倦怠感を愛している。この前へ進めずモヤモヤしている感傷をなによりも愛している。多分。

 

 僕自身は多分、「コレ」ときめたら全部てきぱきとこなせる人間なんだろうなと思う。というかそのように日々を生きてきた。だが、だからこそ出来すぎるが故それを一生懸命やっている自分に嫌気がさす。きれいすぎて模範解答のようで充実していて、そんな理想像。多分とても近い。だからこそ吐き気がし、嫌気がさす。

 

 こういった駄文をどこか公開して、そしてすこしでも誰かの糧となるように、使えたらいいなあと思うんだけれども、いい方法は無いだろうか。

 

 多分僕はあなたらの共感を誘い、あるいは好奇心をそそられる存在でありうるから。